イデカフェについて

現代には様々なコーヒーの存在がありますが、イデカフェは美味しいコーヒーの原点を常に見つめ続け、本物の味をお客様へお届けします。

2000年8月、イデカフェは、千葉県鎌ヶ谷市に創業されました。

コーヒーとの最初の出会いは、創業者井手勝則が小学生の頃、時代はまだ昭和40年代のことです。
今から約45年前、コーヒーがまだ珍しい飲み物であった時代、砂糖を何杯も入れて兄が飲む大人びた黒くて苦い飲み物。
それは、人々の生活に普及し始めた黒いラベルのインスタントコーヒーでした。
この未体験のコーヒーと言う名の飲み物、その味と香りに感激し、たちまち「コーヒー」という飲み物を好きになったことが、イデカフェ創業の原点でした。

井手は、学校を卒業後、コーヒー専門会社であるUCC上島珈琲株式会社に入社しました。
生産、マーケティング、国内営業、海外生産・海外マーケティングを担当、世界20カ国以上のコーヒー消費国、生産国まで足を運び、22年間「コーヒーの味と香り」、更に「コーヒーの楽しさ」が何かを追求し続けました。

「本当においしいコーヒー」とは何かを自問自答して、企業という大きな組織にとらわれることなく、自分の思いでコーヒーに携わりたい、そんな創業時の思いが、今もイデカフェには生きています。

  • 「大量生産、大量販売形態でなく」、心を込めたおいしいコーヒーづくり
  • 「良質の原材料のコーヒー生豆を厳選」、お客様に近い所で新鮮に焙煎を行う。
  • 焙煎したての新鮮コーヒーをすぐにお客様にご提供させて頂く。

これこそがお客様にとって最もおいしいコーヒーであると考え、この精神を大切にイデカフェは営業をしています。

現在日本は世界でも有数のコーヒー消費大国に成長し、アジアを中心に世界中でコーヒーの需要は確実に伸び続けています。

現代には様々なコーヒーの存在がありますが、イデカフェは美味しいコーヒーの原点を常に見つめ続け、本物の味をお客様へお届けします。